軍雇用員カード 沖縄県公文書館

沖縄県公文書館にあった、軍雇用員カード


私のスマホは故障中💦←水没
明日、交換用に取り寄せ中のスマホが届く予定。
その壊れたスマホで撮った写真
見事なピンボケだけど
読めないぐらいで、
ちょうどいいかも(((((((・・;)
画像加工する必要なさそう。




私の伯父が米軍基地で働いていた年月日など、全て英語で書かれている。



1956年に米国民政府から琉球政府労働局雇用手続事務所に移管された後、施政権返還前に琉球政府立沖縄史料編集所に引き継がれました。
公文書館には、約20万枚のカードが保管されています。


カードは、


1)労務番号、

2)氏名、

3)性別、

4)生年月日、

5)本籍地、

6)現住所、

7)顔写真、

8)ファイルナンバー、

9)職種及び所属、

10)採用年月日、

11)離職年月日、

12)離職理由


が記載されています。

また、カードは労務者名(アルファベット)と本籍地をアルファベット1字で表す本籍地コードの組合せによって分類されています。


琉大事件を考える(仮称)

第一次琉大事件に関する情報を集めています。